ラブセメタリーブックライブ無料試し読み&購入


「……僕は大人の女性を愛せません。僕の好きな人は、大人でも女性でもないんです。」甥に対する密かな欲望を抱え、妄想に囚われ苦しむ百貨店のエリート外商・久瀬圭祐。欲望がいつか暴走するのではと恐怖し、治療を求めて精神科クリニックを訪れるのだが――。小学校教師の森下伸春は遠い昔、幼い少女に繰り返し恋をした。そんな自分の嗜好を知りつつも、ある一線を越え、欲望を解き放ち、そしてその果てに待っていたものは……。本能に弄ばれる二人の男と、その周囲の人たちの心の葛藤をリアルに描いた、異色の連作小説。BL界の巨匠・木原音瀬が挑んだ衝撃作。
続きはコチラから・・・



ラブセメタリー無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ラブセメタリー「公式」はコチラから



ラブセメタリー


>>>ラブセメタリーの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ラブセメタリー、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ラブセメタリーを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でラブセメタリーを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でラブセメタリーの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でラブセメタリーが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ラブセメタリー以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックサイトの一番のセールスポイントは、揃っている冊数がとても多いということだと思います。在庫が残るリスクがないので、たくさんの商品を扱うことができるのです。
「電子書籍に抵抗がある」という愛読家の方も多数いるようですが、一度でもスマホを使って電子書籍を閲覧したら、その気楽さや支払いの簡単さからドハマりする人がほとんどだとのことです。
書籍のネットショップでは、基本的にタイトルと作者、大ざっぱな内容しか見れないのです。ところがBookLive「ラブセメタリー」サイトであれば、かなりの部分を試し読みができます。
月額固定料金をまとめて払えば、バラエティーに富んだ書籍を思う存分読むことができるという読み放題コースが電子書籍で話題となっています。一冊ずつ購入しなくて良いのが最大のメリットです。
どういった物語なのかが分からないという状態で、タイトルと著者名だけで漫画を選択するのは極めてリスキーです。誰でも試し読みができるBookLive「ラブセメタリー」というサービスを利用すれば、一定程度内容を精査してから購入できます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


本屋では扱っていないといった大昔の本も、電子書籍なら買えます。無料コミックのラインナップには、アラフォー世代が以前楽しく読んでいた漫画なども見られます。
放送中のものをオンタイムで視聴するのは面倒ですが、無料アニメ動画という形で視聴できるものなら、あなたの都合の良い時間帯に楽しむことが可能です。
いろんなサービスを追い抜く形で、このところ無料電子書籍サービスというものが広がり続けている要因としましては、近場の本屋がなくなりつつあるということが考えられます。
漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊毎の額で見ればそんなに高くないですが、沢山買えば月々の料金は高額になってしまいます。読み放題を利用するようにすれば月額料金が固定なので、支出を節約することが可能です。
スマホで読むことが可能な電子コミックは、通勤時などの荷物を減らすのに役立つと言えます。カバンの中などに重たくなる本を何冊も詰めて持ち運ぶようなことをせずとも、いつでも漫画を読むことが可能です。





ラブセメタリーの商品情報概要

                              
作品名 ラブセメタリー
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ラブセメタリージャンル 本・雑誌・コミック
ラブセメタリー詳細 ラブセメタリー(コチラクリック)
ラブセメタリー価格(税込) 1263円
獲得Tポイント ラブセメタリー(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ