ウズタマブックライブ無料試し読み&購入


青春小説の旗手が挑む、アタラシイ家族小説。 松宮周作(28歳)は、シングルマザーの紫織との結婚を前にしたある日、父親から見たこともない預金通帳を手渡される。父親の様子から、今までまったく知り得なかった人物が自分の為に大金を振り込んでいたことに感づいたが、親戚づきあいもない周作には全く心当たりがない。謎を知る唯一の人物、父親はその後脳梗塞で倒れ、昏睡状態のままだ。その人物が誰なのかを突きとめるうち、初めて、父親のこと、自身のことを全く知らなかった自分に気づき、愕然とする。 大金を自分のために用意した人物を探し始めたことにより、次々とわかっていく父親と自分の過去。そして、自分達親子が、25年前に起こったある傷害致死事件の被害者家族だとわかる。その被害者は、自分の母だった。そして、その加害者は、18歳の少年だった・・・・・・・。
続きはコチラから・・・



ウズタマ無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ウズタマ「公式」はコチラから



ウズタマ


>>>ウズタマの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ウズタマ、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ウズタマを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でウズタマを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でウズタマの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でウズタマが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ウズタマ以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「人目につく場所に保管しておけない」、「所有していることをトップシークレットにしておきたい」ような漫画であったとしても、BookLive「ウズタマ」を賢く利用することで周りの人に内緒のままで閲覧できます。
昨今注目を集めているアニメ動画は、若者だけが楽しめるものではありません。中高年が見ても楽しめるコンテンツで、深遠なメッセージ性を秘めた作品も非常に多いのです。
アニメを見るのが趣味の方にとっては、無料アニメ動画と申しますのは画期的と言えるコンテンツなのです。スマホさえ所有していれば、無料でウォッチすることができます。
電子書籍業界では今までとは違う「読み放題」というプランが登場し評判となっています。1冊いくらというのではなく、各月いくらという課金方法になっているのです。
BookLive「ウズタマ」が40代以降の人たちに支持されているのは、若かりし日に大好きだった作品を、改めて簡単にエンジョイできるからだと言って間違いありません。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画好きだということを他人に知られたくないという人が、ここ数年増加しているようです。自宅には漫画を置きたくないとおっしゃる方でも、漫画サイトを活用すれば誰にも悟られずに漫画が楽しめます。
その日を大切にしたいというなら、空き時間をそつなく活用することを考えなければなりません。アニメ動画をエンジョイするのは通勤の途中でもできることですので、これらの時間を充てるというふうに意識しましょう。
よくコミックを読む人なら、コミックサイトが便利です。買うのも簡単便利ですし、新刊を手に入れたいとのことで、その都度書店で予約を入れることも必要なくなります。
サービスの細かな点に関しては、会社によって違います。それ故、電子書籍をどこで購入するかというのは、比較するのが当然だと思っています。適当に選ぶのは危険です。
気軽に無料漫画が読めるということで、利用者数が増えるのは当然です。お店とは異なり、人の目にビクつくことなく立ち読みすることが許されるというのは、電子書籍だからこその利点です。





ウズタマの商品情報概要

                              
作品名 ウズタマ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ウズタマジャンル 本・雑誌・コミック
ウズタマ詳細 ウズタマ(コチラクリック)
ウズタマ価格(税込) 1360円
獲得Tポイント ウズタマ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ