伶也とブックライブ無料試し読み&購入


二人が迎えた結末は、1ページ目で明かされる。恋愛を超えた、究極の感情を描く問題作! 理系の大学院を出、メーカーで働いていた31歳の瀧羽直子は、同僚に誘われて初めてライブに参加したその日、ロックバンド「ゴライアス」のボーカル、伶也と出会った。伶也は彼女の全てとなり、持てるお金、時間のすべてを注ぎ込み、スターダムにのし上がっていく伶也を見守り続ける直子。行きつく先は天国なのか、地獄なのか?失われていく若さ、変わっていく家族や友人たち……。四十年後、彼女に残ったものは一体なんだったのか。71歳で伶也とともに餓死するまで、彼のためにすべてをなげうった直子の狂おしいほどの愛と献身の生涯を描く。「別册文藝春秋」連載時より異例の人気を誇った傑作長編。解説:豊崎由美
続きはコチラから・・・



伶也と無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


伶也と「公式」はコチラから



伶也と


>>>伶也との詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


伶也と、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
伶也とを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で伶也とを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で伶也との購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で伶也とが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、伶也と以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


流行のアニメ動画は若者だけのものではないのです。アニメを見る習慣がない人が見ても凄いと思えるストーリーで、意味深なメッセージ性を秘めた作品も稀ではないのです。
各種サービスに競り勝って、ここ数年無料電子書籍システムが普及している理由としましては、普通の本屋が減少し続けているということが挙げられるのではないでしょうか?
しっかりと比較した後に、利用するコミックサイトを選定する人が少なくありません。ネット上で漫画を楽しむ為には、様々なサイトの中から自分のニーズを満足してくれるものを選び抜くことが大事です。
BookLive「伶也と」を使用すれば、家のどこかに本を置くスペースを作る心配は不要です。また、新刊を手にするために書店に足を運ぶのも不要です。こうした特長から、サイト利用者数が増えつつあるのです。
読んでみたら「前評判よりも楽しめなかった」と悔やんでも、買ってしまった漫画は返すことができません。けれども電子書籍なら試し読みをすることが可能ですので、そうした状況をなくせます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


読んだあとで「前評判よりも楽しむことができなかった」ということがあっても、購入した本は交換してもらうことは不可能です。でも電子書籍なら試し読みが可能ですから、そうした状況を防ぐことができます。
電子書籍も小説や漫画と同様に情報が商品ということになるので、自分に合わない内容でも返金請求はできません。だから面白いかをチェックするためにも、無料漫画を読むことが大事になります。
サービスの細かな点に関しては、会社によってまちまちです。そんな状況なので、電子書籍を何所で購入するのかというのは、比較して考えるべきだと言えます。余り考えずに決めるのは厳禁です。
電子書籍ビジネスには多くの企業が参入していますので、入念に比較してから「どの電子書籍を選択するのか?」を決定するようにしたいものです。扱っている本の数や価格、サービス、使い勝手などを比較することが肝要でしょうね。
アニメなしでは生きられない人にとっては、無料アニメ動画と言いますのは革命的とも言えるコンテンツなのです。スマホさえ持っていれば、タダで楽しむことが可能なわけです。





伶也との商品情報概要

                              
作品名 伶也と
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
伶也とジャンル 本・雑誌・コミック
伶也と詳細 伶也と(コチラクリック)
伶也と価格(税込) 780円
獲得Tポイント 伶也と(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ