のたり松太郎(14)ブックライブ無料試し読み&購入


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/待ったの松太郎▼第2話/楽天もた松▼第3話/お湯割り▼第4話/右往左往▼第5話/狛犬(こまいぬ)の松▼第6話/よたり松太郎▼第7話/猪突猛進▼第8話/両手に花▼第9話/羽織、袴で……▼第10話/忠告▼第11話/四股名(しこな)▼第12話/変身松太郎 ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の幕下力士。待望の十両獲得なるか!?)、田中清(三段目。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)  ●あらすじ/なんとか朝風戦には白星をあげたものの、十両昇進は見送りとなった松太郎。それもこれも、ふだんの行ないのせい!? しかし、そんなことでメゲる松太郎ではなく、つづく九州場所でも絶好調……と思いきや、十両・荒磐(あらいわ)に手痛い一敗を喫する(第1話)。▼この一番に勝てば、今度こそ十両確定! という大事な取り組みを目前にしても、あいかわらず緊張感のない松太郎。荒磐(あらいわ)に続く十両・鷹の花との対戦にも、いいところなく連敗を喫する。やはり十両の壁は高く……(第2話)。  ●本巻のハイライト/3連勝後の3連敗。さすがの松太郎も、十両確定の一戦を千秋楽まで持ち越したとあって、いささか緊張している様子。けんか別れした雷神部屋の兄弟子のもとへ胸を借りにいくなど、いつもにはない真剣な取り組み様をみせる。十両・陣内(じんない)との決戦は間近。はたして結果は?(第7話)
続きはコチラから・・・



のたり松太郎(14)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


のたり松太郎(14)「公式」はコチラから



のたり松太郎(14)


>>>のたり松太郎(14)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


のたり松太郎(14)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
のたり松太郎(14)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でのたり松太郎(14)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でのたり松太郎(14)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でのたり松太郎(14)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、のたり松太郎(14)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


膨大な数の人が無料アニメ動画を視聴しています。暇な時間とか移動中の時間などに、手早くスマホで視聴可能だというのは本当に便利です。
「連載という形で販売されている漫画を買いたい」とおっしゃる方には無用なものです。しかし単行本になるのを待ってから入手するという方にとっては、単行本を購入する前に無料漫画で概略をリサーチできるのは、何より嬉しいことなのです。
電子書籍を購入するというのは、インターネット上で情報を取得することだと言っていいでしょう。サービスが停止してしまったといった事がありますと利用できなくなりますから、入念に比較してから信頼できるサイトを見極めることが大事です。
「電車に乗っている時に漫画を持ち出すなんて絶対に無理」、そんな人でもスマホにそのまま漫画を入れることができれば、恥ずかしい思いをすることがなくなります。まさに、これがBookLive「のたり松太郎(14)」の長所です。
漫画ファンの人からすると、コレクションとしての単行本は大事だと思われますが、「漫画は読めれば十分」という人の場合は、スマホで読めるBookLive「のたり松太郎(14)」の方をおすすめしたいと思います。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


多くの書店では、置く場所の問題で扱える漫画の数が制限されますが、電子コミックにおいては先のような問題が起こらないため、あまり一般的ではない物語も取り扱えるというわけです。
電子書籍を買うというのは、電子情報を入手することだと言えます。サービスを提供している会社が倒産してしまいますと利用できなくなるのは必至なので、ちゃんと比較してから信用度の高いサイトを選びましょう。
「連載ものになっている漫画を買い求めたい」という人には必要のないサービスです。しかし単行本という形になってから閲覧するという方々からすると、先に無料漫画にて中身をウォッチできるのは、本当に役立ちます。
利用者の数が著しく増えてきているのがスマホのコミックサイトです。以前までは絶対単行本で買うという人が大部分でしたが、嵩張らない電子書籍として買って閲覧するというユーザーが確実に増えてきています。
スマホやタブレットの中に全ての漫画をDLするようにすれば、本棚の空き具合について気にするなんて不要になります。一回無料コミックから挑戦してみると良さが理解できるでしょう。





のたり松太郎(14)の商品情報概要

                              
作品名 のたり松太郎(14)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(14)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(14)詳細 のたり松太郎(14)(コチラクリック)
のたり松太郎(14)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(14)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ