のたり松太郎(15)ブックライブ無料試し読み&購入


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/関取の初日▼第2話/にらみ合い▼第3話/初日・松乱戦▼第4話/黒の日▼第5話/じさまの発破(はっぱ)▼第6話/ゴリラ松▼第7話/ウンコ▼第8話/紙とエンペツ▼第9話/大一番を前に…▼第10話/大人と子供▼第11話/時間まえ▼第12話/軍配は…▼第13話/物言い ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。ついに念願の十両へ昇進)、田中清(幕下力士。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)  ●あらすじ/念願の関取となり、めずらしく稽古に精を出す松太郎。そして年が明けての東京場所初日、化粧回しをつけての土俵入りも初体験し、松太郎はますますやる気に。対するベテラン・銀嶺山の研究も怠りはないが……(第1話)。▼現在は十両に甘んじているが、ベテラン・銀嶺山にも、松太郎には負けられない元幕内の意地がある。激しく火花を散らしてにらみ合う二人。だが、さすがの松太郎にもやや分が悪い相手のようで……(第2話)。  ●本巻のハイライト/さすがの松太郎も、手ごわい十両の力士たちを相手に苦戦気味。迎えた千秋楽は、7勝7敗と十両生き残りをかけた一戦となる。対する相手は、同じく7勝7敗と勝ち越しをかけたベテラン・大室山。負けたら引退、という決死の覚悟の大室山を相手に、松太郎はどんな相撲をみせるのか?(第11話)
続きはコチラから・・・



のたり松太郎(15)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


のたり松太郎(15)「公式」はコチラから



のたり松太郎(15)


>>>のたり松太郎(15)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


のたり松太郎(15)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
のたり松太郎(15)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でのたり松太郎(15)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でのたり松太郎(15)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でのたり松太郎(15)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、のたり松太郎(15)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料コミックなら、買った方が良いかどうか迷っている漫画の中身を無料で試し読みすることができます。先に中身を一定程度確かめることができるので、非常に便利だと言えます。
雑誌や漫画本を購入したいというときには、何ページかを確認した上で判断する人が殆どです。無料コミックなら、立ち読みのような感じでストーリーを確かめるのも容易なのです。
「アニメについては、テレビで視聴することができるもの以外は一切見ていない」というのは時代から取り残された話だと言えそうです。なぜかと言いますと、無料アニメ動画等をオンラインで楽しむというパターンが多くなってきているからです。
利用している人の数が急激に増えてきているのがコミックサイトなのです。つい最近までは単行本を買うという人が主流でしたが、電子書籍の形で買って楽しむという人が増えつつあります。
本屋には置いていないといった少し前に流行った作品も、電子書籍では買うことができます。無料コミックのラインナップ中には、アラフィフ世代が学生時代に読んでいた漫画が含まれていることもあります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「アニメにつきましては、テレビで視聴できるものだけ見る」というのは少し古い話かもしれません。どうしてかと言えば、無料アニメ動画などをネットで視聴するという形が多くなってきているからです。
サービスの充実度は、運営会社毎に違います。そんな訳で、電子書籍を何処で買うかというのは、比較するのが当たり前だと考えます。余り考えずに選ぶのは危険です。
比較したあとにコミックサイトを選んでいる人が多いと聞いています。電子書籍で漫画をエンジョイする為には、色んなサイトの中より自分に適したものを選ぶことが必須です。
通勤途中などの空いている時間に、無料漫画をチェックしてタイプの本を発見しておけば、後ほどたっぷり時間がある時にゲットして続きを思いっきり読むこともできちゃいます。
電子コミックを楽しむのであれば、スマホをオススメします。重たいパソコンなどは持ち運べませんし、タブレットも電車など混み合った中で読むというような時には、大きすぎて使いづらいと言えるからです。





のたり松太郎(15)の商品情報概要

                              
作品名 のたり松太郎(15)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(15)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(15)詳細 のたり松太郎(15)(コチラクリック)
のたり松太郎(15)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(15)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ