のたり松太郎(16)ブックライブ無料試し読み&購入


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/勝負つく▼第2話/ご苦労さま▼第3話/お見舞い▼第4話/箸と入れ歯▼第5話/伊勢駒部屋の熱気▼第6話/連合稽古▼第7話/名古屋場所初日▼第8話/宿舎の客▼第9話/眠れぬ宵▼第10話/ジミな人の派手相撲▼第11話/作戦▼第12話/差し違い▼第13話/マドンナ ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。ついに念願の十両へ昇進)、田中清(幕下力士。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)  ●あらすじ/前巻より続く、ベテラン・大室山との死闘。長引く勝負は、体力のある若い松太郎に有利かとも思えたが、引退をかけた大室山も持てる死力をふりしぼる。一進一退の攻防を繰り広げる両雄。はたして軍配はどちらにかえるのか?(第1話)。▼国技館内に沸き起こる大声援のなか、最後は「合掌捻(ひね)り」という大ワザで勝負に決着を付けた松太郎。両雄はともにタンカで医務室へ運びこまれるが、「これで悔いなく引退できる」との大室山の言葉に、心の機微にうとい松太郎でさえ勝負師の心意気を感じるのだった(第2話)。  ●本巻のハイライト/7月の名古屋場所。松太郎はまたしても、7勝7敗というきわどい戦績で千秋楽を迎える。番付を田中に追い越されないためにも、ここは落とせない一番。しかし、かけひきが上手いベテラン・玉獅子の策略にはまり、松太郎は頭に血をのぼらせてしまう。このまま玉獅子の術中にはまってしまうのか……?(第11話)
続きはコチラから・・・



のたり松太郎(16)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


のたり松太郎(16)「公式」はコチラから



のたり松太郎(16)


>>>のたり松太郎(16)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


のたり松太郎(16)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
のたり松太郎(16)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でのたり松太郎(16)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でのたり松太郎(16)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でのたり松太郎(16)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、のたり松太郎(16)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


気軽にアクセスして読み進められるのが、無料電子書籍の人気の秘密です。本屋まで出向く必要も、通販で買った書籍を宅配便などで送ってもらう必要もないというわけです。
10年以上前に何度も読んだ往年の漫画も、BookLive「のたり松太郎(16)」という形で販売されています。一般の書店では扱われない漫画も取り揃えられているのが魅力です。
BookLive「のたり松太郎(16)」で本を買えば、家の一室に保管場所を用意する事は不要です。最新刊が発売になっても書店に買いに行く手間もかかりません。こういった理由から、愛用者が増加しているのです。
“無料コミック”を上手く活用すれば、検討中の漫画を試し読みで閲覧するということが可能です。購入前に漫画の中身を一定程度認識できるので、ユーザーからの評価も高いです。
いろんなサービスを凌いで、ここ数年無料電子書籍システムが拡大し続けている要因としては、町の本屋が減少し続けているということが想定されます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックは常に携行しているスマホやタブレットでDLする方が多いです。ちょっとだけ試し読みが可能なので、それ次第で本当にそれをダウンロードするかどうかを判断するという方が少なくないようです。
電子無料書籍を有効活用すれば、いちいちお店まで出掛けて行って立ち読みであらすじを確認する必要がなくなります。そういったことをせずとも、「試し読み」すれば内容のチェックが可能だからなのです。
Web上の通販ショップでは、基本的にタイトルなどに加えて、さらっとした内容しか見れないのです。それに比べ電子コミックサイトの場合は、最初の数ページを試し読みで確認できます。
コミックサイトもいっぱい運営されていますので、比較検討して自分にぴったりなものを見定めることが大事になってきます。それを適える為にも、いの一番にそれぞれのサイトの長所を押さえることが大切です。
電子コミックのサイトそれぞれですが、1巻すべてを無償で試し読み可能というところもあります。1巻だけ読んで、「面白いと感じたのであれば、2巻以降を有料にて読んでください」というサービスです。





のたり松太郎(16)の商品情報概要

                              
作品名 のたり松太郎(16)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(16)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(16)詳細 のたり松太郎(16)(コチラクリック)
のたり松太郎(16)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(16)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ