のたり松太郎(17)ブックライブ無料試し読み&購入


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/五郎と一雄▼第2話/オイチョカブ▼第3話/阿久津の過去▼第4話/役不足の好敵手?▼第5話/じいさんの危惧▼第6話/千秋楽(らく)前後▼第7話/オシッコ▼第8話/ぬれた徳俵▼第9話/白い木綿の稽古まわし▼第10話/十両どうし▼第11話/ナンマイダブ▼第12話/ぶつかり稽古▼第13話/松の眼▼第14話/干し餅 ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。ついに念願の十両へ昇進)。田中清(幕下力士。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。阿久津五郎(伊勢駒部屋へ入門後、めきめきと頭角をあらわし、ただいま三段目。複雑な家庭事情で育ち、一時ぐれていたことがある)  ●あらすじ/松太郎もなんとか名古屋場所を勝ち越しで締めくくり、久々に部屋でくつろぐ伊勢駒部屋の面々。そこへ、阿久津の「弟」と名乗る、不審な来訪者が!? 阿久津とは似ても似つかぬ顔つきの「弟」に、もしや不良時代のよからぬ仲間が因縁をつけにきたのでは……と、詰め寄る松太郎だが!?(第1話)▼自分の過去には固く口を閉ざす阿久津の事情をさぐるため、松太郎は「西尾のじいさん」と阿久津の兄がいるヤクザ事務所へと出向く。しかし、阿久津の兄の帰りを待つうち、例の悪いクセがでて、ヤクザ相手にオイチョカブをはじめた松太郎たちだが……(第2話)。  ●本巻のハイライト/本巻では、気になる阿久津の過去が明らかに(第3話)。一方、めでたく東京場所で十両昇進を決めた田中。続く大阪場所前の稽古では、松太郎に一歩も引けをとらず、力と技の充実ぶりをみせつける(第10話)。
続きはコチラから・・・



のたり松太郎(17)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


のたり松太郎(17)「公式」はコチラから



のたり松太郎(17)


>>>のたり松太郎(17)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


のたり松太郎(17)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
のたり松太郎(17)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でのたり松太郎(17)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でのたり松太郎(17)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でのたり松太郎(17)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、のたり松太郎(17)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「目に見える場所に保管したくない」、「所有していることを秘匿しておきたい」と思ってしまう漫画でも、BookLive「のたり松太郎(17)」を利用すれば家族に知られずに閲覧できます。
内容が理解できないままに、表紙だけで買うかどうかを決めるのは極めてリスキーです。試し読み可能なBookLive「のたり松太郎(17)」であれば、おおよその内容を精査した上で買い求めることができます。
「電子書籍には興味をそそられない」という愛読家の人もいるのは確かですが、1回でもスマホ上で電子書籍を読んだら、その使い勝手の良さや決済のしやすさから抜け出せなくなる人がほとんどだと聞きます。
暇が無くてアニメを視聴する時間が捻出できないという人にとっては、無料アニメ動画が役に立つでしょう。オンタイムで視聴するという必要性はないので、寝る前の時間などに楽しめます。
長期間連載している漫画は何冊も購入する必要があるため、一旦無料漫画で試しに読んでみるという人が目立ちます。やっぱり大まかな内容を知らずに書籍を買うというのは無理があるということでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


購入した書籍は返品を受け付けてもらえないので、内容をざっくり確認してから購読したい人にとっては、試し読みができる無料電子書籍はとてもお得です。漫画も内容を見てから買い求められます。
注目の無料コミックは、パソコンがあれば読むことができます。通勤中、休み時間、医者などでの順番待ちの暇な時間など、暇な時間に気軽に楽しむことが可能です。
電子コミックのサイトにもよりますが、丸々1巻全部を無料で試し読みできちゃうというところも存在しています。まずは1巻だけ読んでみて、「面白いと感じたのであれば、2巻以降を有料にて読んでください」という販促方法です。
1カ月分の固定料金を納めることで、様々な種類の書籍を上限なく読むことができるという読み放題サービスが電子書籍で人気を博しています。一冊単位で購入する手間が掛からないのが最大の利点なのです。
コミックサイトも数多くあるので、比較して自分に適したものをセレクトすることが重要だと言えます。それを適える為にも、とにかくそれぞれのサイトの特徴を把握することが重要です。





のたり松太郎(17)の商品情報概要

                              
作品名 のたり松太郎(17)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(17)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(17)詳細 のたり松太郎(17)(コチラクリック)
のたり松太郎(17)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(17)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ