のたり松太郎(27)ブックライブ無料試し読み&購入


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/宴の始末▼第2話/逃避行!?▼第3話/ケーキとパチンコ▼第4話/松の恩返し?▼第5話/大金相撲▼第6話/松、里帰りす▼第7話/のたり見舞い▼番外編/コロ  ●登場人物/坂口松太郎(四股名・荒駒、35歳。伊勢駒部屋の小結。憧れの南先生と結婚したものの、「のたり」な性格はあいかわらず)。田中清(四股名・駒田中、32歳。前頭。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。阿久津五郎(四股名・駒ケ嶽、25歳。前頭。伊勢駒部屋のホープ)。辻(伊勢駒部屋の新弟子。松太郎の付け人)。南令子(元・中学校の教師。松太郎と結婚し、一児をもうける)。島田先生(松太郎の中学時代の恩師)  ●あらすじ/アブク銭も底をつき、ようやく調子を持ち直してきた松太郎。本場所中日の息抜きは、伊勢駒部屋の面々がそろっておなじみ「樽久」(令子の叔父の店)へ。しかし「西尾のじいさん」が、松太郎の競馬の掛け金を「飲んで」しまったことから、なごやかな宴会は一転、荒れ模様になる(第1話)。▼松太郎の怒りが納まるまで、伊勢駒部屋の床山・青木の家へ身を寄せることにした「西尾のじいさん」。青木の家では、青木の妻・トシ子が子供の面倒をみるでもなく、はた目には自堕落な生活を送っていた。そこで西尾は、青木家の子供・三男(みつお)を散歩に連れて出ることに(第2話)。  ●本巻のハイライト/出だしでつまずいたものの、この東京場所をなんとか8勝7敗で勝ち越した松太郎。妻・令子の提案で、久しぶりに長崎へ里帰りすることに。しかし、そこで松太郎たちを待っていたのは、恩師・島田がガンで入院したという知らせだった……(第6話)。なお本巻には、1987年のビッグコミック4月25日号に掲載された番外編「コロ」が収録されている。
続きはコチラから・・・



のたり松太郎(27)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


のたり松太郎(27)「公式」はコチラから



のたり松太郎(27)


>>>のたり松太郎(27)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


のたり松太郎(27)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
のたり松太郎(27)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でのたり松太郎(27)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でのたり松太郎(27)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でのたり松太郎(27)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、のたり松太郎(27)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


よく比較してから、自分にピッタリのコミックサイトを決定する人が多いとのことです。ネットで漫画を堪能したいと言うなら、諸々あるサイトの中から自分にピッタリのサイトをピックアップするようにしないといけません。
買う前にストーリーを知ることができるのであれば、購入した後に悔やまなくて済みます。普通の書店で立ち読みをするときのように、BookLive「のたり松太郎(27)」においても試し読みをすることで、漫画の中身を確かめられます。
登録者の数が著しく増加してきているのが話題のコミックサイトです。数年前までは「漫画は本という形で買うもの」という人が多かったのですが、電子書籍という形式で買って閲覧するという利用者が主流派になりつつあります。
老眼が進んだために、目から近いところが見にくくて困っているという読書家の中高年の方にとって、スマホ上で電子書籍が読めるというのは画期的なのです。フォントサイズを調整できるからです。
「自分の部屋に置きたくない」、「購読していることを秘匿しておきたい」と思う漫画でも、BookLive「のたり松太郎(27)」を有効利用すれば自分以外の人に隠したまま見ることができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックはスマホなどの電子機器やタブレット型端末で読む方が多いです。冒頭部分のみ試し読みした後で、その漫画をDLするかを決める人が急増していると聞きます。
電子書籍の関心度は、より一層高まりを見せているようです。そんな中で、利用者が増加しつつあるのが読み放題というプランだそうです。購入代金を気にすることなく読むことができるのが大きなポイントです。
「電子書籍には興味をそそられない」という本好きな人もそこそこいるようですが、1回でもスマホ上で電子書籍を読めば、その気軽さや購入のシンプルさからヘビーユーザーになる人がほとんどだとのことです。
いろんなサービスを追い抜く形で、ここまで無料電子書籍というスタイルが一般化していきている要因としましては、地域密着型の本屋が減少し続けているということが指摘されています。
電子書籍も一般的な書籍と同じで情報自体が商品なので、内容が微妙でも返すことはできません。ですので中身を確かめるためにも、無料漫画に目を通すようにしましょう。





のたり松太郎(27)の商品情報概要

                              
作品名 のたり松太郎(27)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(27)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(27)詳細 のたり松太郎(27)(コチラクリック)
のたり松太郎(27)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(27)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ