恐怖の地震男ブックライブ無料試し読み&購入


本書は、1964年に貸本出版社から刊行された長編単行本で、作者の貸本時代に発表された本格SFの集大成的な作品です。デビュー作「別世界」と後の名作「イアラ」などとをつなぐ楳図作品中で貴重な位置にある秀作といえます。物語は、古代アトランティス大陸の滅亡をモチーフに、大正時代と戦時中、そして現代の日本へと、舞台は時空を超えて広がります。主人公の少年は、関東大震災をきっかけに不思議な記憶を甦えらせます。少年が青年に成長した戦時中、ある博士の発明した記憶再生装置によりその記憶が再現されますが、少年の前世はアトランティス王国の王族だったことや、その滅亡の悲劇が次々に明かされるという、謎が謎を呼ぶ展開になっています。荒俣宏、竹熊健太郎両氏の解説を載せた小冊子付。
続きはコチラから・・・



恐怖の地震男無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


恐怖の地震男「公式」はコチラから



恐怖の地震男


>>>恐怖の地震男の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


恐怖の地震男、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
恐怖の地震男を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で恐怖の地震男を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で恐怖の地震男の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で恐怖の地震男が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、恐怖の地震男以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


数年前に出版された漫画など、ショップでは発注をかけてもらわないと入手できない作品も、BookLive「恐怖の地震男」形態で諸々並んでいるため、どこにいても注文して読むことができます。
ここへ来てスマホを利用して楽しむことができるコンテンツも、更に多様化が図られています。無料アニメ動画を始め、無料電子書籍やすぐ遊べるスマホゲームなど、いろんなサービスの中から選択可能です。
スマホを持っている人なら、スグに漫画の虫になることが可能なのが、コミックサイトの強みです。1冊1冊で買うスタイルのサイトや月極め料金のサイトなどに分かれます。
ここに来て、電子書籍業界では従来にない斬新な「読み放題」というサービスが誕生し評判となっています。1冊単位でいくらではなくて、毎月いくらという料金徴収方法になっています。
「所有している漫画が多過ぎて置き場所がないから、買うのを諦める」ということが起こらないのが、BookLive「恐怖の地震男」を一押しする要因です。どれだけ買おうとも、保管のことを考えなくても大丈夫です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


スマホを使えば、電子コミックを容易に楽しめるのです。ベッドで横になりつつ、寝るまでのリラックスタイムに読むという人が多いようです。
どういった物語なのかが分からないまま、タイトルと著者名だけで買うかどうかを決めるのはリスクが大きいです。試し読みができる電子コミックならば、ざっくり中身を確認してから購入の判断が下せます。
アニメ好きな人にとっては、無料アニメ動画は革命的とも言えるコンテンツです。スマホさえ持っていれば、都合に合わせて視聴することができます。
月額幾らと料金が決まっているサイト、登録の要らないサイト、1巻ずつ購読するサイト、無料の作品が多数揃っているサイトなど、コミックサイトも何かと違いがありますので、比較した方が賢明です。
その他のサービスを押しのける勢いで、こんなに無料電子書籍サービスが拡大している要因としましては、普通の本屋が少なくなっているということが挙げられると思います。





恐怖の地震男の商品情報概要

                              
作品名 恐怖の地震男
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
恐怖の地震男ジャンル 本・雑誌・コミック
恐怖の地震男詳細 恐怖の地震男(コチラクリック)
恐怖の地震男価格(税込) 432円
獲得Tポイント 恐怖の地震男(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ