氷の王子の眠り姫ブックライブ無料試し読み&購入


ルーツィエが目を覚ますと、美貌の男がそばにいた。記憶を失っていた彼女に、彼――フランツは「君は僕の妻だ」と切なげに微笑む。ルーツィエは、魔女の呪いで2年間眠らされていたらしい。謎めいたフランツに惹かれていくルーツィエ。やがて、彼がこの国の王子で、自分にとって大切な存在であることを思い出す。彼を受け入れ、情熱的で幸せな一夜を過ごすルーツィエだったが、呪いにより、自分がいずれ灰になってしまうことを知り――!?謎めいた美貌の王子×眠りからさめた令嬢、呪いを破る一途な愛。
続きはコチラから・・・



氷の王子の眠り姫無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


氷の王子の眠り姫「公式」はコチラから



氷の王子の眠り姫


>>>氷の王子の眠り姫の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


氷の王子の眠り姫、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
氷の王子の眠り姫を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で氷の王子の眠り姫を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で氷の王子の眠り姫の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で氷の王子の眠り姫が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、氷の王子の眠り姫以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃる本好きな方も多々ありますが、1回でもスマホを用いて電子書籍を閲覧すると、持ち運びの楽さや支払方法の簡単さから繰り返し購入する人が多く見られます。
BookLive「氷の王子の眠り姫」がアダルト世代に支持されているのは、子供の頃に繰り返し読んだ作品を、また手間もなく読むことができるからだと思われます。
漫画雑誌と言えば、「少年少女をターゲットに作られたもの」だと考えているかもしれないですね。しかしながら近頃のBookLive「氷の王子の眠り姫」には、壮年期の人が「感慨深いものがある」と口にするような作品もどっさりあります。
利用する人が著しく伸びているのが無料のBookLive「氷の王子の眠り姫」です。スマホで漫画をエンジョイすることが可能なので、かさばる書籍を携帯する必要もなく、出かける時の荷物を減らすことができます。
最新作も無料コミックで試し読みできます。スマホやパソコンなどで読めますので、秘密にしておきたい・見られると気まずい漫画も秘密裏に満喫できます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックのユーザーを増やすための戦略として、試し読みが可能という取り組みは最高のアイデアだと感じます。どこにいてもあらすじを確かめられるので少しの時間を利用して漫画を選ぶことが可能です。
スマホで閲覧することが可能な電子コミックは、外出する時の荷物を軽くするのに寄与してくれます。リュックの中に重たくなる本を何冊も詰めて持ち運んだりしなくても、自由に漫画を見ることが可能です。
電子コミックは移動中にも使えるスマホやタブレットタイプの端末で閲覧することができて、非常に重宝します。最初だけ試し読みをしてみて、その本を購入するかどうかを確定する人が急増していると聞かされました。
新作が発表されるたびに漫画を買っていくと、ゆくゆくストックできなくなるという問題に直面します。しかし電子コミックなら、整理整頓に困ることがなくなるため、いつでも気軽に読むことができると言えます。
コミックサイトも少なくないので、比較して自分に合うものを見つけることが大切です。ということなので、まず第一にそれぞれのサイトの良い所を頭に入れることが要されます。





氷の王子の眠り姫の商品情報概要

                              
作品名 氷の王子の眠り姫
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
氷の王子の眠り姫ジャンル 本・雑誌・コミック
氷の王子の眠り姫詳細 氷の王子の眠り姫(コチラクリック)
氷の王子の眠り姫価格(税込) 604円
獲得Tポイント 氷の王子の眠り姫(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ