出版月報2018年1月号ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。注目される出版ジャンルやテーマを取り上げる特集と月次の出版統計を中心に、毎月出版市場の動向をレポートする業界唯一の専門情報誌。今月号の特集は「2017年 出版物発行・販売概況~2017年電子出版市場レポート~」● 「2017年 出版物発行・販売概況~2017年電子出版市場レポート~」2017年の出版物(書籍・雑誌合計)の推定販売金額は前年比6.9%減の1兆3,701億円で13年連続のマイナスとなった。内訳は書籍が同3.0%減の7,152億円、雑誌は同10.8%減の6,548億円。書籍は全体では伸び悩んだが、文芸書や学参、教養新書は前年を上回ったほか、話題書も多かった。雑誌は月刊誌が同11.1%減の5,339億円、週刊誌が9.2%減の1,209億円。月刊誌のうち定期誌は約9%減、ムックが約10%減、コミックスが約13%減。雑誌はグッズ付録つき雑誌やアイドル登場号など単号で売れる傾向が強まったほか、コミックスの大幅減が影響した。電子出版市場は同16.0%増の2,215億円。コミック、書籍、雑誌とも前年の伸び率には及ばなかった。● 出版傾向 書籍・雑誌の最新トレンドを解説● 書籍の分野別売れ行き良好書リストと売れ筋のポイント単行本ベスト30、文芸書、ノンフィクション・読み物、文庫、社会、ビジネス書、新書ノベルズ、新書ノンフィクション、理工書、コンピュータ書、ゲーム関連書、絵本を掲載● Books Radar書籍分野のトピックスと新刊情報● Magazine Radar新雑誌の売れ行き動向を分析● Magazine & Multimedia Information 創・休刊誌一覧、雑誌・マルチメディア商品の新企画情報とムック売れ行き良好書リスト● Comics Rankingコミックスの売れ行き良好書リストと解説● 電子出版電子コミック・電子書籍の売れ行き良好書リスト、ニュース&トピックスを紹介● News File出版業界の出来事をダイジェストで紹介● 出版統計月次の推定販売額・返品率、書籍・雑誌の分野別統計(新刊点数・発行部数・発行金額・平均価格)など(月刊、平均52頁、毎月25日発行)
続きはコチラから・・・



出版月報2018年1月号無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


出版月報2018年1月号「公式」はコチラから



出版月報2018年1月号


>>>出版月報2018年1月号の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


出版月報2018年1月号、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
出版月報2018年1月号を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で出版月報2018年1月号を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で出版月報2018年1月号の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で出版月報2018年1月号が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、出版月報2018年1月号以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミック本というのは、読了した後にブックオフのような買取店に売り払っても、殆どお金になりませんし、再び読みたくなったときに大変なことになります。無料コミックだったら、場所は不要なので片付けに頭を悩ますことがありません。
購入したい漫画はいっぱい発売されているけど、手に入れたとしても狭くて収納できないという人は結構います。そんな理由から、収納場所のことは考慮不要とも言えるBookLive「出版月報2018年1月号」の口コミ人気が高まってきているのだそうです。
BookLive「出版月報2018年1月号」のサービス内容次第ですが、1巻丸々料金なしで試し読みできるというところもいくつかあります。まずは1巻だけ読んでみて、「面白いと思ったら、2巻以降の巻を有料にて入手してください」というシステムです。
新作が発表されるたびに漫画を買い求めると、そのうちストックできなくなるという事態になります。ですがネット上で読めるBookLive「出版月報2018年1月号」なら、どこへ収納するか悩むことが不要になるため、収納などを考えることなく楽しめます。
漫画と言うと、「若者を対象としたもの」というイメージがあるのではありませんか?ですが最新のBookLive「出版月報2018年1月号」には、サラリーマン世代が「昔を思いだす」とおっしゃるような作品もどっさりあります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍も一般の書籍同様に情報自体が商品なので、内容が今一つでも返品は不可能です。ですので中身を確認するためにも、無料漫画を読む方が良いですね。
「どこから本を買うか?」というのは、とても大事なポイントになると考えます。売値や使い勝手などにそれぞれ特徴があるので、電子書籍に関しましては比較検討しなければならないのです。
「全てのタイトルが読み放題であれば、どんなに楽しいだろう」というユーザーのニーズを反映するべく、「固定料金を払えば個別料金は発生しない」という形式の電子書籍が生まれたのです。
映画化で話題の漫画も、無料コミックで試し読み可能です。スマホやノートブック上で読めるわけですから、秘密にしておきたい・見られると気恥ずかしい漫画も秘密裏に読み続けられます。
昨今のアニメ動画は若者だけを想定したものだと考えるのは誤りです。アダルト世代が見ても感嘆の息が漏れるような構成内容で、重厚なメッセージ性を持った作品もかなり揃っています。





出版月報2018年1月号の商品情報概要

                              
作品名 出版月報2018年1月号
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
出版月報2018年1月号ジャンル 本・雑誌・コミック
出版月報2018年1月号詳細 出版月報2018年1月号(コチラクリック)
出版月報2018年1月号価格(税込) 2160円
獲得Tポイント 出版月報2018年1月号(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ